英検準1級に合格する「長文」の勉強法【合格者が詳細に解説】

「英検準一級の長文問題が難しくて合格できる気がしない!」

英検準一級のレベルは大学受験問題よりも難しいので、そう感じる人も多いかもしれません。加えて英検二級とのレベルのギャップも大きいので、二級に合格してすぐに準一級の対策を始めると挫折してしまう可能性もあるほど。

「英検二級には合格できたのに英検準一級に歯が立たない」という気持ちは私にも分かります。

そこでこの記事では英検準一級の長文問題が難しくて対策法が分からない人に向けて、英検準一級の長文対策について詳しく解説していきます。「長文問題」の対策方法が分かるようになって貰えれば嬉しいです。

英検準一級の長文問題の前に

英検準一級の長文対策を始める前に、長文問題で高得点を取るために必要な前提条件から解説していきます。

長文問題を読むためには「語彙力」がとても重要になります。

英検準一級の長文問題は大学受験以上の単語力が要求されるので、英検準一級を受験するには大学受験単語の知識が必要になります。

英単語は長文だけでなく、リスニングやライティングにも重要になる英語における全ての基礎になる知識となります。それ以外にも高校レベルの英文法の知識が求められます。

英検二級と準一級の間には「大学受験レベル」という壁があるということです。

したがって英検準一級の長文問題がむずかしいと感じる人は、まずは大学受験レベルの英語スキルを身につける必要があるということになります。この点は重要なので、必ず押さえておく必要があります。

もちろんこの記事は大学受験レベルの学習方法から紹介していきます。

英検準一級の基礎スキルとは

英検準1級の勉強方法はシンプルに「長文を解く」ことを中心に取り組んでいくのがベストです。長文を解くためには、様々な予備知識が必要となりますので、以下に挙げてみます。

・語彙力
・表現・熟語
・基礎英文法
・英文解釈

英単語のセクションでも説明していますが、英単語は英語スキルの根底を作り上げる知識です。そこに追加されるのが、単語と単語の組み合わせで起こる熟語です。

意味を直接訳して理解できる熟語もあれば、少し特殊な熟語も存在しています。問題として問われる英熟語は決まっているので、まずは英単語帳に書かれている英熟語を暗記するようにしましょう。

単語と熟語に関しては、語彙問題を対策していれば自然にレベルアップできます。

しかしながら、英文法はしっかりと復習しておかなければなりません。英文法は単語の羅列に対して、文章としての意味を与える役割をするので重要です。英単語が材料とするならば英文法は「レシピ」といえるでしょう。

英文法とは、単語という材料を組み合わせて、適切に美味しい料理を作るための道標です。

英語界の「地図」と言っても差し支えありません。英検準1級の問題で英文法それ自体を問われることはありません。とはいえ、長文を「正しく理解」して「適切な解答」を求めるためには必ず長文が必要となります。

少なくとも高校1・2年のレベルはカバーしておくべきです。薄い参考書に取り組んでおくだけで心強くなります。オススメは「熱血教師キムタツの東大英語基礎力マスター Vol.3基本文法篇」です。

薄い問題集なのにも関わらず必要な英文法が万編なく掲載されており、英文法の基礎力を確かめることができます。そして最後に、英文法をより正確に理解するためのスキルである「英文解釈」について触れておきます。

英検準1級の長文問題は、長文に書かれた内容の言い換えを選択する問題です。

英検準1級の長文問題の選択肢を分析して、正しく言い換えているものを選ぶ必要があるということです。その点で英文解釈に取り組んでおくと有利になります。

英文解釈とは文章の意味を細かく切って正確に捉えつつ、全体的な意味を的確に捉えるスキルです。

これは英文法の上級スキルなので、基礎的な文法を押さえてから取り組むのが正解です。

以上が長文読解への入り口となります。ここからは英検準1級の対策方法を具体的にみていきます。

英検準一級の長文問題の勉強方法

それではここから本題の英検準一級の長文問題の勉強方法を解説していきます。

まずは大学受験レベルの勉強方法から紹介していきます。冒頭でも書いていますが、英検準一級のレベルは大学受験よりも上のレベルです。つまり出題される内容は「論文レベル」ということになります。

また、英検準1級の長文問題を攻略するためにポイントは次の4つだと筆者は考えています。

  • 語彙力を身につける
  • 英文解釈を身につける
  • 長文を大量に読んで慣れる
  • 過去問を解いて演習をする

これらを着実に行っていき、一つ一つをクリアしていけば十分に合格できるはずです。まずはこの級に絶対的に必要となる基礎的なスキルから紹介していきます。

1.語彙力を身につける

当サイトでは「英単語は大切だ」と解説してきました。英語における英単語は意味をなす最小単位となりますが、筆者が感じている英単語を覚えておくことのメリットは以下の3つです。

  • 長文が早く読めるようになる
  • 正確に読めるようになること
  • 長文が楽しく読めること

英語を構成する英単語がわかれば、自ずと文章の内容が分かってきますし、文章の内容が分かれば長文の意味が取れるようになります。

それに加えて、英検準1級は長文問題に英文の正確な理解が求められるので、1語1語を正確に読み取るためにも英単語が必要になるということです。英検準1級に合格したいのであれば、先ずは何よりも語彙力を身につけることが最優先。

英単語をしっかりと身につけなければ、長文問題の点数が上がらずに苦しい時間を体験することになるでしょう。

英検準一級に必要な英単語の勉強方法やオススメ教材は「【英検準一級の英単語】オススメの単語帳を合格者が紹介」にて紹介しています。

簡潔に内容を紹介すると「単語王2202」と「キクタン 英検準一級」の2冊の単語帳を使い「質より量」の勉強方法で取り組んでいくことです。「英検準1級に合格するための「英単語」対策法まとめ」を読んで長文に必要な英単語を覚えていきましょう。

2.英文解釈をしっかり学ぶ

英検準一級の長文問題の大部分を占めるのは「内容一致問題」です。

この分野でより高い点数を取るためには「英文解釈」のスキルが非常に重要となります。英文解釈とは文法知識を活用して文構造を把握しながら、意味のかたまりごとに前から順に処理していく方法です。

英文法は一箇所一箇所に集中して、パラグラフのルールを理解していく作業です。その反面、英文解釈は、その「文章」の構造を理解していくことです。

英文解釈をしっかりと学ぶと問題文と設問の比較がしっかりとできるようになります。

故に設問の間違い部分を用意に見つけられ、長文問題で高得点が取れるようになります。この部分ができていないと、選択肢を2つまで絞れても最後の最後で間違える可能性があります。

というのも英検準一級で絞り込んだあとの選択肢は非常に似通っているからです。

文章を正確に理解するための方法を問題や図解を通して養うことができる参考書です。とくに「英文読解の透視図」は難しいですが「目からウロコ」となる内容です。英語の高みを目指したい人は取り組んでおくのがオススメです。

3.英検準一級レベルの長文に慣れる

時間にシビアになる英検準一級の長文問題では、様々な長文問題に慣れておいて速いスピードで問題文を読みこなせるスキルが重要です。

そのためには出来るだけ多くの問題に触れ、多くの背景知識を取り込むと共に速読に慣れておく必要があるのです。その中で最もオススメしているのが「大学受験の問題を解く」ということです。

私立上位大である早稲田や立教、同志社といった上位レベルの大学の長文問題はとても良い練習台となるのでオススメです。

私が問題集でオススメしているのが河合塾から発売されている「やっておきたい英語長文 700」という問題集です。上位大学で出題される長文問題を独自の問題で「しっかりと学習できる」ように編纂されています。

created by Rinker
¥975 (2020/04/02 23:42:07時点 Amazon調べ-詳細)

さまざまな分野の背景知識に加えて、英文読解の肝と言える部分を鍛えられる参考書となっています。

問題レベルとしては、英検準1級の問題よりは「少し簡単」なので、練習台としてはちょうど良いです。単語、文法、表現、そして分量。英検準一級対策として取り組んでおくと英検準一級に必要な基礎力を上げることができます。

4.過去問で本番対策をする

長文問題で多くの英語に慣れ、英文解釈で英語が読めるようになったら、過去問を使って英検準1級の過去問題にチャレンジしていきます。やり方は簡単です。時間を測って本番とおなじように解くこと。この過程を通して今の自分の能力と目指すべき先の英語力の差を求めます。

  • どれだけ時間がかかるのか?
  • どれだけ難しいのか?
  • どれだけ点数が取れるのか?

こうした点を意識して取り組んでみると効果が上がるかもしれませんね。過去問を通して現在の欠点や改善点、良かったポイント、課題が見つかるので、これらを冷静に分析して、問題の復習をしていきましょう。

時間が足りないのであれば、どうやって早く読めるのかを考え、回答率が低いのであれば何が足りないのかを分析して、一つ一つを丁寧に詰めていきます。

知らない英単語や表現は、単語カードに書き込むなどしてつぶしていきます。

丁寧に復習してポイントが潰せたら、時間をおいて問題を解き直してみてください。一回目に回答できなかった問題が、どれくらいできるようになったのか、また、二回目も間違えた問題は何だったのか。

こうした地道な問題発見と解決を繰り返し、一つ一つの苦手ポイントを倒していく必要があるのです。

それを積み重ねた先に「英検準1級の合格」があると考えてみてください。また、過去問が解き終わってしまった場合は「予想問題集」も有効です。こちらも時間を図り、本番のように解きましょう。

実際に出題される問題よりも難しい印象を受けますが、そこは高地トレーニングと思って割り切るのがオススメです。分からなければ分からないでも問題ないのです。

問題が難しいと感じたら復習に時間を割いて二回目以降の解き直しに集中してください。過去問と予想問題集に取り組むことができれば、合格も一気に近づいてくるはずです。

まとめ

以上、英検準1級の長文問題を対策する時に鍵となる勉強方法やポイントを紹介してきました。英検準1級の長文で合格点を取るには以下の4つのポイントがありました。

  1. 語彙力を身につける
  2. 英文解釈ができるようになる
  3. 長文にとにかく慣れる
  4. 過去問を解いてみる

これらは長文問題の長文を読むとき、また、問題に解答するときに必要な「英語の理解度」を上げる重要な要素です。中でも英単語はすべての分野に共通する重要な部分ですので早めに取り組んでおくことが望ましいです。

他のパートの攻略法を知りたいならば「絶対に合格する!英検準1級の勉強法を合格者が解説【完全保存版】」もあわせて参考にしてみてください。