英検準1級のリスニング対策法を解説【合格者が実践していた方法】

英検準1級のリスニングパートの対策はうまくいっていますか?

英検準1級のリスニングは原稿を読み上げるスピードが早く、内容も難しい実践的な試験となっているので、多くの受験生にとっては鬼門とされているようです。リスニングで十分な点数を取れなければ、英検準1級に合格することは難しいでしょう。

なぜなら英検準1級は総合的な英語力が問われる試験だからです。

この記事では「英検準1級のリスニングが難しくて困っている」と悩んでいるあなたのために、英検準1級に合格した私が取り組んでいた「英検準1級の勉強方法・対策方法」を紹介していきます。

英検準1級のリスニング勉強法3つ

まずは英検準1級のリスニング対策の方法から紹介していきたいと思います。ここで紹介するリスニングの対策方法は以下の3つです。

  1. TOEICでリスニングの基礎力を身に付ける
  2. 英検準1級の過去問で対策する
  3. TEDや海外ドラマなど「動画」で鍛える

上記の方法は筆者が英検準1級に合格した当時に行っていた方法です。基礎力がない人は①から順に読んでいって下さい。それ以外の人は②からでも十分に対策できますよ。

1.TOEICで基礎を身に付ける

どうして英検準1級なのにTOEICが必要なのだろうか?と疑問に思うかもしれません。

しかし、本音をいうとTOEICの問題は質が高く、英語学習者が学ぶべきことが多いので「英検準1級に必要な基礎力の養成」という視点からみるとバッチリな教材なのです。

適度な長さと難しさがあり、かつ問題形式が似ているため練習問題として申し分ないのです。

その中でもTOEICのパート3と4は英検準1級に問題形式や難易度が似ています。英検準1級のリスニングを考えると良い練習相手となるのです。

英検準1級に比べ易しめですが、基礎力という観点からみると十分に練習になる問題レベルです。

英検準1級の問題が難しいと感じた人はTOEICの問題で練習してから戻ってくると聞き取りやすくなっているはず。そのときには内容の濃いTOEICリスニングの教材を利用することをオススメします。

実力養成ドリルは本番のTOEICよりも少し難しめに問題が作成されているのでちょうどよい練習問題となります。続けていくうちに「リスニングスキルが向上している」と実感できるでしょう。

この参考書は問題を解いて復習した後にスクリプトを読み込んだり、ディクテーション教材として利用するのがオススメです。リスニング音源をダウンロードできるので、スマホに入れて「いつでも勉強」できるスグレモノです。

→ 音声はこちらから無料でダウンロード

英検準1級の問題に手間取っている受験生は、TOEICの問題から攻略してみるとスムーズに英検準1級の合格ラインが見えてくるはずです。

2.過去問で対策する

TOEICの問題集から学習をスタートさせた人は、TOEICリスニング問題が7~8割の正答率が取れるようになったら英検準1級の対策に入っていくとスムーズに対応できるかと思います。

英検準1級のリスニング対策で最も取り組むべきなのは「過去問題集」です。

英検準1級の過去問題集では主に復習に力をいれて学習を行っていきます。問題を解くのに費やした時間の何倍もの時間を復習に費やすことが大切です。

  • 音声の確認
  • 原稿(以下、スクリプト)の精読
  • スクリプトと音声の擦り合わせ
  • スクリプトの音読

復習の段階では答え合わせと同時に、「問題の音声がきちんと聞き取れて理解できているか」に着目します。

英検準1級の勉強は「英検ネットドリル」がオススメ【評判・口コミ・実績】」でも紹介している「英検ネットドリル」を活用してみるのもオススメかと思います。

3.TEDや海外ドラマで鍛える

過去問と並行しつつ、さらなる英語耳となるために、TEDや海外ドラマを活用してリスニング力を高めていきます。近年ではTEDやYouTubeなどの動画サイトにくわえて、海外ドラマを配信する動画のストリーミングサービスが充実しています。

これらを利用して「ネイティブの話す英語」に慣れていきましょう。

海外ドラマやTEDといった動画では「字幕」をうまく活用していきます。まず初めは字幕をOFFで観ていきます。何回か繰り返し動画をみて、内容がつかめてきたら字幕をONにして音声・スクリプト・内容を確認していきます。

1日10分でも集中して英語を聞き取る努力を続ければ、英語を日常レベルで困らないレベルまで伸びるはずです。

英検準1級は実用的な英語が流れるので、集中して聞き取る訓練を重ねるのが合格への近道です。

まとめ

以上、英検準1級のリスニングパートに関する勉強法を紹介していきました。

リスニングパートの対策の中心は「毎日英語を意識して聞く」という点が重要となります。英語の音声を生活の中に溶け込ませることが合格の鍵を握ると考えています。

リスニング以外については「絶対に合格する!英検準1級の勉強法を合格者が解説【完全保存版】」を参考にしてみてください。

また、時にはリラックスして「英語を楽しむ」時間を持つことも必要です。英語が好きになる勉強を続ければ、ライフワークとして英語にも取り組めますし、自然と英検準1級に合格できる実力も備わるはずです。