英検準1級に合格するための「英単語」対策法まとめ

「英検準1級の単語が難しくて覚えられない!」とか「単語が難しすぎて合格できる気がしない!」

なんていう悩みを抱えているかもしれません。受け入れましょう。英検準1級は難しい試験です。とはいえ合格を目指すのならば難関である語彙問題をどうにか対策する必要があるのも事実です。

この記事は英検準1級の英単語を集中的に対策して「語彙力」を身につける方法を紹介していきます。

結論を言ってしまうと「とにかく繰り返せ!」なのですが、より英単語の学習法などを深掘りしていくために「英単語学習におけるポイント」や「おすすめ英単語帳」にも触れていきます。

英検準1級の単語学習3つのポイント

英検準1級における単語対策のポイントは以下の3つのみ。この3つに固執して淡々と単語を覚えていくことが大切です。

  1. 単語帳の選び方を間違えない
  2. 問題や参考書の単語を覚えていく
  3. 毎日の学習から語彙力を増やす

詳しくみていきましょう。

1.単語帳の選び方を間違えない

英単語を学習する上でもっとも気をつけたいのが「どの単語帳を使うのか」を間違えないことです。

英単語帳は合格まで使う「相棒のような存在」となるので、できる限り吟味して最高のものを選ぶのがおすすめです。自分に合わない単語帳を選ばないようにしましょう。

間違った単語帳を選んでしまうとスタート地点からゴールと逆方向に進んでしまうのと同じ暗いダメージが大きくなりますので、まずはじっくりと吟味して取り組みやすい単語帳を選ぶことが大切です。

2.問題や参考書の単語を覚えていく

単語帳も大切ですが問題や参考書から日々単語を覚えていくことが重要となります。

例えば、英検準1級で解いた問題や分からなかった単語・熟語をその都度、覚えていくことが大切です。英単語は短期間で覚えることはできませんので、対策を始めたときから「単語帳とは別の単語を集めるクセ」を付けておきましょう。

過去問や教材に出てくる単語は出題されやすい傾向にありますから、意味のわからなかった単語はできる限り覚えることが重要になります。

3.毎日の学習から語彙力を増やす

単語帳や参考書から単語を覚えるのは当たり前なのですが、それ以上に英検準1級では「日々の英語学習」から単語を覚えていくことも合格を決定する要因の一つとなっていると筆者は感じています。

ドラマを英語字幕で観てみたり、新聞を読んだり、雑誌をめくったり。

そうしていると「あれ、この単語知らないぞ?」というものに出会います。そうした単語を一つ一つ拾い上げて覚えていくことが「小さい部分」で他の受験者との差をつけるのです。

「TIME」や「The Economist」がオススメですが、もう少し軽めであれば「Japan Times」も良いでしょう。

こうした日々の積み重ねが、あなたの英語スキルを押し上げていくんです。

その結果として気がつけば英検準1級にも合格できるようになっているはずなのです!わからない単語を減らしているということは、あなたのレベルが上っている!という証拠です。

英検準1級のオススメ英単語帳

単語学習のポイントについて紹介してきましたので、ここからはオススメする単語帳について解説していきます。

オススメの単語帳2冊

当サイトでは、かねてより2冊の単語帳をオススメしています。その組み合わせは「単語王2202」と「キクタン 英検準1級」ですね。「単語王2202」では基礎力を身に付け、「キクタン 英検準1級」を英検準1級での得点力を上げるために使います。

「単語王2202」は受験で多くの学生を難関大学に送り出した、信頼のおける単語帳です。

英検準1級の基礎力という観点からとても優れている単語帳です。また、「キクタン 英検準1級」は英検準1級に特化した単語帳で、選定されている単語やボリューム感に優れている「バランスの良い単語帳」です。

英検準1級に特化した単語帳で最も取り組みやすいと思います。私自身、キクタンを使って英検準1級に合格しましたので、とてもオススメしています。

それ以外の単語帳

上記でオススメした単語帳以外ではどうなのか?というポイントですが、もう手に持っている・購入してしまった、という場合は気にしなくても大丈夫です。

単語帳で大事なことは「決めた単語帳を使い込む」ことなので、どの単語帳を使うかというのは大した問題ではないです。ただ私は、取り組みやすさやレベル感、自分の実績から「単語王2202」と「キクタン 英検準1級」の組み合わせをオススメしているんですね。

ちなみに単語王とキクタン以外の単語帳は「【英検準一級の英単語】オススメの単語帳を合格者が紹介」で触れているので参考にしてください。

単語学習の具体的な対策方法

単語学習のポイント、オススメ単語帳について紹介してきました。

でも「どうやって単語を覚えていくのか?」については未回答でしたね。ここでは英検準1級の単語を対策する方法を、より細かくみていきたいと思います。意識すべきは以下のポイントです。

  1. 1日50〜100単語を目安にする
  2. 単語帳は速いペースで何周もする
  3. 単語カードで語彙力を強化する

それでは、それぞれのポイントを詳しく解説していきますね。

1.1日50〜100単語を目安にする

英単語を勉強するときの注意点は「1日に単語を覚える量をできるだけ多くする!」という点につきます。

そのため、英単語を覚えるときは1日の単語量を増やして、できるだけ単語帳をやり込むことが重要です。例えばなんですけど、2000単語載っている単語帳を1日20語ずつ進めるとすれば、単語帳1冊に必要な日数は100日ほどになります。

はじめの単語は忘れてしまいそうだと思いませんか?

そこでもし、1日に取り組む単語の数を増やして1日100単語にすれば単語帳は20日で終わりますよね。こうして考えてみれば、どちらが覚えやすいかは自明の理なはずです。

1日100単語ずつ覚えるやり方であれば同じ期間で1日20単語をやる場合よりも5周多く進みますよね。5周もすれば少しは単語を覚えているんじゃないでしょうか?

刷り込み回数が多ければ多いほど、長期記憶となりやすいという実感もあります。

これは同窓会で久々に会っても名前を覚えているのとおんなじで、何回も記憶に刷り込まれる事によって、記憶が薄れにくいんですよね。ですので、単語帳もできるだけ回数に着目して進めていくことが大切です。

2.単語帳は速いペースで何周もする

これまでの内容と被ってしまうんですが、単語を覚えるのなら「早いペースで何度も」が重要になります。一日のノルマを100単語と決めたのなら、とにかく100単語を覚えまくることが大切です。

英単語を覚えるポイントは「たくさんの意味を覚えようとしない」こと。単語帳の場合は英検準1級などの目的に特化しているので、1番目か2番目の意味を覚えておけば対処することが可能です。

ひとつ目の単語の意味が答えられたら次、次と進めていきましょう。

こうすることで、その日のベースが早くなります。速いペースでできれば、その日の範囲を何回も取り組むことができますからね。私の感覚としては単語を覚えるなら「質より量で圧倒」した方が、より覚えやすくなる実感があるんです。

3.単語カードで語彙力を強化する

もうひとつ大事なことは、単語カードを作っていくことです。単語帳は決まった単語しか乗っていませんよね?

決まった単語だけだと語彙力に限りが出てきます。けれども、解いた問題や解説には知らない単語がわんさか出てくるわけです。学習中に出会った知らない英単語を書き留めておき、単語カードを自作すると単語の暗記が捗ります。
単語カードはどこにでも持っていけますし、掲載単語をカスタマイズできたり、カードの並び順をランダムにできたりと、メリットがたくさんあるので英検準1級対策として最適です。

私が合格した時も、単語カードを2冊ほど作って電車の中やバイトの休み時間にやっていました。そういうことを積み重ねるのが大切だと思うんです。

以上が、英検準1級で単語を対策するときのポイントになります。

大事なことは「とにかく繰り返すこと」に尽きるということ。

英単語は何回も取り組むことで、記憶に単語が刷り込まれていきますので。「とにかく根気強くやり続けること」が、英検準1級における英単語の必勝法だと思っています。

それ以外のパートの勉強方法は「【完全攻略版】絶対に合格する!英検準1級の勉強法まとめ」を参考にしてください。

まとめ

以上、英検準1級の英単語を対策するための方法を紹介してきました。英検準1級の英単語は難しくて「合格できる」という自信が付かないですよね。語彙問題の選択肢なんて見たこともない単語出てきます。

そんな時でも焦ることなく対応できるように書いてみました。大事なことをまとめるとこんな感じです。

  1. 目的に沿った単語帳を使うこと
  2. 決めた単語帳を使い込むこと
  3. とにかく根気強く何周もすること

この3つを守っていれば自然と単語力も身についていきますよ。

英検準1級に合格したいならば、まずは何よりも優先して「英単語の強化」に時間を割いていきましょう。揺らがない語彙力を身につけることが、意外と合格への近道となるのです。