英検準1級に3ヶ月で合格する勉強方法のまとめ:速習で合格を目指す

英検準1級の勉強をするのならば、できる限り短い期間で合格までたどり着きたい。

多くの人がこう思っているに違いありませんので、この記事では3ヶ月という短い期間で英検準1級に合格するためのスケジュールを考えて紹介してみることにしました。

英検準1級の問題は難しいのですが、きちんとした基礎力が備わっていれば3ヶ月でも十分に合格できる見込みを立てることはできます。そのためのスケジュールについて解説していきたいと思います。

とはいえ、まずは英検準1級に必要な「基礎力」から解説していきます。基礎力がなけば不可能ですから。

3ヶ月で合格する前提条件

英検準1級に3ヶ月で合格するためには、それなりの条件が必要だと感じています。以下に挙げる2つだけとは限りませんが、3ヶ月という期間を考えると以下の2つはクリアしておくのが望ましいです。

  • 高校2年生の文法を理解していること
  • 高校受験レベルの英単語を覚えていること

つまり「英語の基礎力があるかどうか」という点につきます。この基準を満たしている人と満たしていない人では、英検準1級の合格に費やす勉強時間に差が出ることは明らかです。

これら2つを満たしていないのなら、まずは高校レベルの英語学習から始めるのが良いでしょう。

ここではタイムラインに沿って勉強方法や参考記事を紹介しています。英検準1級の勉強方法だけを知りたい人は「絶対に合格する!英検準1級の勉強法を合格者が解説【完全保存版】」を読んで取り組んでいくのも良いでしょう。

【3ヶ月速習版】英検準1級勉強法のスケジュール

では、英検準1級の合格を3ヶ月で目指すスケジュールを解説していきます。このスケジュールで大切なことは、以下のポイントとなります。

  • 単語は直前まで学習し続けること
  • 過去問を中心に組み立てること
  • 復習を充実させること

の3つです。では、それぞれについて詳しくスケジュールを追っていくことにします。また、英検準1級を3ヶ月で受験するのなら教材は目移りしない「集中できるもの」に取り組むのがオススメです。

1ヶ月目の学習内容

1ヶ月目はとにかく基礎力の養成に取り組むことが大切となります。具体的に言うと英単語、リスニング、ライティングの基礎力です。この期間には英検準1級用の単語帳に取り組みながら、リスニングとライティングの基礎を身に着けていきます。

移動時間やスキマ時間には単語帳やリスニング学習を進めていくことが大切です。

英検準1級を攻略するためには、まず語彙力をつけなくてはなりません。単語は英語における意味の最小単位となるからです。英単語は長文やリスニング、ライティングといったパートの根底となります。

1ヶ月目はボキャブラリーを増やしながら、リスニングとライティングの基礎を重点的に学習します。

オススメ単語帳は「【英検準一級の英単語】オススメの単語帳を合格者が紹介」で解説しています。

2ヶ月目前半の学習内容

1ヶ月目は基礎力に取り組んだので、2ヶ月から演習問題を増やしていきます。

具体的にはリーディングに取り組んでいくことになります。単語は引き続き継続して取り組んでいくものとします。単語は合格を左右するほど重要なので、本番直前まで学習を継続しましょう。

加えて、2ヶ月目の前半では長文問題の学習をスタートさせていかなくてはなりません。

英検準1級の問題は大学受験に出題される長文に近いので得意な人も多いと思います。まずは長文問題の問題集を一冊進めながら、長文問題に対する免疫をつけていきましょう。特に気をつけるべきは設問の比較・検討です。

英語のまま解答するとミスが出てしまうので、できるだけ日本語に訳して設問と本文の内容を検証していく必要があります。

長文の問題集に取り組みながら、分からない単語や表現を増やしながら進めていきましょう。

分からない単語や表現は単語カードに書き込んだりして潰していきます。私は単語カードに書き込んで、単語カードをカバンの中にいつも入れておくことをオススメしています。

ライティングは「英検準1級「ライティング・パート」の勉強法を3ステップで解説【詳細】」を読んで、基礎を引き続き基礎問題集に取り組んでおきましょう。

2ヵ月目後半の学習内容

2ヶ月目の後半にはいっても、単語帳を起点とした単語学習は引き続き行っていかなくてはなりません。また、本番まで1ヶ月半となるため、このあたりから過去問を取り入れていきます。まず手に入る過去問の中で古い試験から順に取り組んでいきましょう。

ここでのポイントですが、英検準1級の過去問を解くときは時間を測って本番同様に模擬試験を取り組んでいく必要があるということです。

ふだんから時間があまり取れない場合は、リーディングとライティングを分けて問題を解いていっても良いでしょう。どちらかというと復習に力を入れていきたいですね。

過去問題集を解いたときに確認しなくてはいけないポイントは以下の通り。

  • わからない単語や表現をチェックし覚える
  • 長文読解の解答は正しいアプローチかどうか
  • リスニングのスクリプトは正しく聞けていたか
  • ライティングは正しい手順を踏んでいるか

このなかで最も対策しづらいのはライティングとなります。解答までのプロセスを追いながら一文章ごとに理解して書き写していきましょう。この時期は一つの問題から「解答方法・単語や表現」を丁寧に学びとっていくフェーズといえます。

一つの問題から多くのことを学び取ることを考えて、復習に時間を当ててみてください。

3ヶ月目前半の学習内容

3ヶ月目の前半は、基本的に2ヶ月目後半のアプローチと同じように学習を進めていきます。

1ヶ月目から触れ続けてきた単語学習は、常に別ものと考えて時間を確保することが大切です。これまでにも書いたとおり、英検準1級では単語の良し悪しが合格を左右すると思っていますし、単語を知っていれば知っているだけ長文も有利になっていく現実があります。

この時点で10周くらいは単語帳を進めておきたいですね。

また先月の後半と同様に過去問を進めていきますが、最新版だけは直前期まで残しておきましょう。過去問の取り組み方は2ヶ月目後半と同じ内容で問題ありません。

時間を測って問題を解き、復習に時間をたっぷり割きましょう。

もし手持ちの過去問題集が尽きてしまっても、同じもので2周・3周と繰り返していくことが大切となります。これは復習をするのと同時に、あなたが覚えきれていない問題を洗い出すのに役立ちます。

3ヶ月目後半の学習内容

3ヶ月目も後半に入りました。ここで取り組まなくてはならないのは「英検準1級予想問題集」です。

この問題集は英検の過去問や教本を出版している旺文社が発売しているもので、英検準1級の本番に近い問題を解くことができます。試験形式となっているので、時間を測って問題を解いていきましょう。

この問題集は過去問よりも難しくなっているため、採点時に正答率が普段よりも低くなってしまうのですが、落ち込む必要はありません。やっておきたいことは、出題された単語や表現は残らず覚えるようにすることです。

英検準1級の合格を目指すならば、問題集から盗めるものは盗んでおく必要があります。

また単語学習はは引き続き進めていかなくてはなりません。単語試験の本番直前まで毎日継続して行います。試験3日前くらいまでには単語帳を15周くらいしておきたいですね。

単語帳は回せば回す分だけ効率よく反復学習ができるので、一日の分量を多くして回数を増やして覚えていくことがコツです。ここまできたら、あとは本番直前を待つのみです。

体調を整えて本番で全力を出し切ることに集中して、これまで取り組んできたことの復習を行っておきましょう。

最後に:3ヶ月はキツイ、しかし無理ではない

以上、3ヶ月で合格するためにできることを一挙にまとめました。3ヶ月で合格をすることがいかに難しいかは伝わったと思います。しかし、一つ一つを丁寧に行って対策をすることで合格は確実に手にとることはできます。

もちろん場合によっては3ヶ月では無理かもしれません。でも、このスケジュールで乗り切ってしまえば、あなたの英語力は急上昇しているはずですので、次回の受験がとてもラクになるでしょう。

英検準1級は難しいですが、覚えるべき部分を覚え、解ける問題を確実に正解することで合格を手繰り寄せられます。

まずはこの3ヶ月でいけるところまで対策し、あなたの限界にチャレンジしてみてください。演習問題を中心に取り組んでいき、復習にチカラを入れて対策を行っていきましょう。

英検準1級で使いたい参考書は「【完全保存版】英検準1級対策で「絶対に使うべき」オススメ参考書7冊」にて、また勉強方法は「絶対に合格する!英検準1級の勉強法を合格者が解説【完全保存版】」を参考にしてみてください。