英検準1級「ライティング・パート」の勉強法を3ステップで解説【詳細】

国内でも難易度の高い「英検準1級」を取得したい!

最近は高校生や中学生の間でも英検というワードが、目につきやすくなってきていると感じています。その中で英検準1級は、英語上級への第一歩ということで、大学入試でも利用されるようになりました。

そんな英検準1級はやはり難しく、何度受験を試みても落とされてしまう人が続出している試験でもあります。

そこで今回はそんな難関資格の1つともいえる「英検準1級」でも、特に日本人に馴染みのない「英作文パート」の勉強方法・対策方法を詳細に渡って解説していきます。英検準1級のエッセイ形式にバッチリ対応するために必要なことを書いていきます。

英検準1級の英作文パートを得点源にして英検準1級の合格へ突き進みましょう。

英検準1級の英作文「3ステップ」対策法

英検準1級の英作文は、2016年第1回目の検定から変わりましたが、本質的な部分は何一つ変わっていないことは忘れないでください。英作文に必要な基礎力を身につける3つのステップを以下に挙げてみました。

  • 英語の基礎を復習する
  • 英作文の基礎を学ぶ
  • 過去問を上手く利用する

ひとつひとつを確認して、自分がどこまで出来たのか・何が不足しているのかを考えてみてください。そうすれば難しいと感じる英検準1級の英作文パートでも合格はつかめるはずです。

1.英検準1級は英語の基礎を復習する

英検準1級の英作文パートの攻略を始めるにあたって、とても重要なことが1つあります。それはなんといっても「基礎力は完成されているか?」ということです。私が定めている英語の基礎力とは、主に「英単語・熟語・基礎文法」の3つの要素を指しています。

「基本的な単語や熟語、文法は押さえていますか?」

英作文の勉強を始める前に、今一度自分に確認してみてください。単語と英文法は英語力のすべての土台です。リーディングと違って英作文の場合は、自分の内側から英単語を絞り出す必要があります。

あなたは内側から英単語を絞り出せるほど、英単語が体に染み込んでいるでしょうか?

英作文は、英語の長文を読むだけとは違い、自らが書くために英文法を定め、単語や熟語を状況に沿って使用していかなければなりません。そのために必要なのは「英単語・熟語・英文法」の3つの要素です。

英文法を復習する

英文法を私が英文法の復習にオススメしているのが「一億人の英文法」という参考書です。

東進ハイスクールに在籍している大西泰斗先生という「超人気講師」が仕上げた一冊として、大学受験生だけでなく幅広い層から指示を得ている参考書です。この本の特徴は「英文法の解説にとらわれていないこと」です。

リスニングやライティングのヒントなどが満載な優秀な参考書といえます。

本書のオススメな使い方は「読み物」として読み進めていく方法です。とにかく読みまくって、2・3日で1周回すことを目標にとにかく読み進めていくと、その後の文法の知識の吸収力が違ってくると思います。

文法の知識が戻ってきたと感じたらストップしておきましょう。その後は、分からない文法を調べるための「辞書」のような使い方をするのが効果的ですね。

単語をしっかりと覚える

英文法と並行して英単語もしっかりと覚えていく必要があります。英検準1級の合格に必要な英単語を学ぶのなら、「単語王2202」がオススメです。

created by Rinker
¥1,430 (2020/04/02 21:11:14時点 Amazon調べ-詳細)

英単語帳については「【英検準一級の英単語】オススメの単語帳を合格者が紹介」で解説しています。

このレベルの単語を「書ける」ようになっていれば、英検準1級の合格はほぼ確実とも言えるかもしれません。単語の幅が広がるとエッセイを書くときの表現に幅が出てくるので、可能な限り英単語は覚えておくのがおすすめです。

英作文の基本を身につける

英文法・英単語は英作文を練習するための基礎知識となります。基礎について理解が深まったら英作文の練習に入っていきます。筆者のオススメは「基礎問題を集めており、充実した解説のある参考書」になります。

大学受験などで有名な「Z会」から発売されている「英作文のトレーニング 必修編」が良いですね。

created by Rinker
¥1,320 (2020/04/03 00:40:27時点 Amazon調べ-詳細)

この問題集を2〜3周しておくと「英作文の基礎」のエッセンスを身に付けることができるでしょう。

私も英検準1級の受験前に「英作文の基本」を覚えるために取り組みました。まずは問題を解いてみて答え合わせをしてみることです。問題の正解率よいうよりも「手を動かいて英語を書くことが大事」だと考えています。

2.エッセイの形式を覚える

英語でエッセンスを書く際に気をつけるべきは、その文章全体がどのような構造を持っているかです。

各文章に英文法やスペルのミスがなくとも、論理構造がエッセイの型に当てはまっていないと簡単に原点になってしまので気を付けておきましょう。エッセイを書くときに最も気をつけるべき点はこちらです。

「結論で始まり、結論で終わる」

というもの。実はコレがなかなか出来ないのです。「英検準1級の英作文の特徴」でも書いたのですが、出題される本文は「Yes or Noで答えるべき問題」でした。

英検準1級でエッセイを書き出すも、YesかNoのポジションをハッキリさせることから入りましょう。そうしなければ、文章全体のロジックがブレてしまいます。文章の構成として下のようなものが考えられます。

問題文のとおり120〜150 Wordsで振り分けてみました。

1:Into / イントロ
I totally agree with that idea that 〜. There are two reasons why I support this argument. (20語)

 

2:point1 / 具体例1
Firstly, 〜.(50語)

 

3:point2 / 具体例2
Secondly, 〜.(50語)

 

4:Conclusion / 結論
From above reasons, I believe that 〜.(20語)

イントロ部分では、YesかNoかのポジションをしっかりと伝えていますね。ここが論理を組み立てるスタート地点となります。

ポイント1とポイント2はイントロで主張した部分の根拠となる箇所です。イントロではっきりさせたポジションを具体的にサポートしていく部分です。

そして、最後のコンクルージョンは、イントロや各サポート部で展開してきた内容を、より強い言葉でまとめ、読み手を納得させる役割を果たします。イントロで述べた結論を、より強い言葉で言い換え、文章を締めくくる必要があるのです。

とはいっても、なかなか難しい部分でもあるので、イントロ〜ポイント2までをキチンと出来ていれば合格点となるはず。

英語で論文を考えるときは「イントロでポジションを明確にして、後ろの部分でサポートしていく」と覚えておきましょう。

一般的なエッセイでは具体例は3つ上げるのが正しいのですが、文字上の関係から英検準1級では具体例を2つに絞る必要があります。文字数も減点対象となるのでなるのではみ出ないように注意することが大切です。

ロジック構想を身につける

英語ライティングではロジックが全てです。理論の順序、適切かどうか、矛盾はないか。

そういうちょっと小難しい部分が最も大事な要素となってきます。だからこそ議題に対して順序を追って、適切な展開が出来るかどうかも重要な要素になるのです。

ロジックを磨くには過去問を利用して、模範解答が「どのように導かれているのか」に着目して確認するのがオススメです。

ひとつひとつを確認しながら模範解答を書き写してみるのも効果的となるでしょう。

自分の意見を持っておく

適切な理論ができるかどうかは英語力だけではなく、あなた自身の考え方も鍛えておく必要があります。英検準1級の英作文ではタイムリーな時事問題に関して出題される可能性もあることを知っておきましょう。そのために出来ることは以下の3点です

  1. 本などを読んで知識を蓄えておく
  2. 興味のある話題について考えるクセを持つ
  3. 新聞やニュースなどに触れて情報をアップデートしておく

情報を頭で整理して、素早く伝えられるように準備しておくことが大事。これは英文法や英単語とは違い、日本語でも対策できる部分です。日々、ニュースや新聞で伝えられる情報に敏感になってください。

いろいろな情報を集めて、興味の湧く出来事について考えるクセを持ちましょう。

3.過去問は演習と模範解答

英検準1級の英作文パートにおける過去問は演習問題として、もしくは模範解答を覚えるために利用するのがベストということができます。

特に市販されている問題集の場合、丁寧な解説や違うパターンの解答が記載されていることが多いので、答えを知るためや解答のバリエーションを増やすための参考資料・演習問題として取り組むのが良いでしょう。

まずは時間を計って問題を解きながら、英作文パートの問題の感触を確かめていきましょう。

書いてみた解答と模範解答を照らし合わせながら、どのような思考で解答を書いていくべきなのかを分析していきます。

模範解答には、かならずパターンが存在しているので、そこを捉えるように努力しましょう。そして、どのような解答プロセスを追っていけば、色々な問題に対応できるかを考えていきます。

過去問を解き終えてしまった人は、旺文社が発売している「英検準1級 予想問題ドリル」がオススメです。

英作文では自分で書いた内容も大切ですが、模範解答に書かれている「解答へたどり着く思考のプロセス」が重要です。

模範解答を書き写してみたりして、その内容・解答への過程・全体の構造を分析し、自分の知識として定着・吸収していかなくてはなりません。

まとめ

英検準1級の英作文パートに必要な考え方・対策法・勉強方法を書いてみました。より深く解説してもらいたい箇所や、分かりづらいと感じた箇所もあるかもしれませんが、基本的に英作文パートにおいて必要なことは以下の3つのポイントということができます。

  1. 英語の基礎をしっかりと復習する
  2. エッセイに必要な知識を身につける
  3. 演習を行って実力をつける

これら3つを意識して英作文に取り組むことができれば、必ずや合格は可能だと考えています。

それ以上に得点を伸ばしたいのならば、添削サービスを利用してみることで、よりライティングに対する知識・経験が深まっていくことでしょう。

それ以外のパートの対策方法は「絶対に合格する!英検準1級の勉強法を合格者が解説【完全保存版】」を参考にしてみてください。オススメ参考書は「【完全保存版】英検準1級対策で「絶対に使うべき」オススメ参考書7冊」にて解説しています。